浄照寺

死なない方法、教えます。

こんにちは。
副住職です。

記事をご覧いただき、ありがとうございます。
この記事はQRコードで飛んできて見て頂いている方もおられるかと思います。

今回はタイトルにもありますように、『死なない方法』をお教えします。

死なない方法…
それは…

 

 

 

 

 

生まれないことです。

 

 

 

「ズルい」と思われましたか?
でもこれは真実なのです。
生まれたものは必ず死んでいきます。
切り離して考えることは不可能です。

これを『生死一如』といいます。

生と死は神の表裏のようなものであって、切り離して考える事自体がありえないことであると。
また、真宗大谷派の僧侶、清沢満之(きよざわ まんし)は

「生のみが我等にあらず、死もまた我等なり。」

と言いました。
生まれたという事実が、すでに「死」を内包しているのですね。
しかし、浄土真宗の教えを聞く私達は「死んで終わり」ではありません。

死ぬんじゃない。仏様になる。

そういわれてもピンとこないですよね。
ではいったい「仏になる」とはどういう事でしょうか。
その教えをわかりやすく『初めての浄土真宗』という動画にしました。

副住職のYouTubeチャンネルです。
お時間ある方はご視聴頂ければ幸いです。

最後までお読みいただき、有難うございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください