浄照寺

Uターン生活

京都から地元の片貝町に戻ってきて9年が経ち、10年目に入ろうとしてます。

私は19歳まで地元にいましたが(お恥ずかしい事に高校卒業後一年浪人)、その後は大学→呉服問屋と14年京都時代があり、こちらに結婚して戻ってきたのが2010年でした。

まず最初に戸惑ったのは何かというと「全て」でした。まず町内が分からないし、ご近所や同級生なんかも何処でとうしてるとかもさっぱり分からないのに地元民というまさに「浦島太郎」でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です