浄照寺

親蓮坊通信

副住職が以前よりお付き合いさせて頂いている、真宗大谷派 開教使の名倉幹氏が以前より『親蓮坊通信』というものを書かれています。毎月お届け頂いていたのですが、この度、当山のHPにてご紹介させて頂きます。

<プロフィール>
1962年京都生まれ。、大学時代はアメフトの選手として打ち込むが、3回生時に父が癌で死に、それが機縁となって浄土真宗の老師にめぐりあい、爾来仏道の求道、聞法生活が始まる。

銀行等サラリーマン生活約20年を経て、2006年5月真宗大谷派(東本願寺)で得度。
その後、東京、大阪で定期的に仏教法話会、静坐会を開催。また精神的な悩みの相談に応ずるべく
「いのちとこころの相談室 聞」を開く。また、文書伝道「親蓮坊通信」の発信を始める。その後アメリカでの伝道を志し、2008年8月東本願寺ハワイ開教区に赴任。
2013年よりNYに渡り、聞法会を始めとした開教活動に専念している。
現在 真宗大谷派北米開教区開教使。NPO法人「自殺防止ネットワーク 風」の相談員僧侶。号は親蓮坊。

<バックナンバー>
※pdfで開きます。
親蓮坊通信2011.04.08

親蓮坊通信2011.06.08

親蓮坊通信2011.08.11

親蓮坊通信2011.10.05

親蓮坊通信2011.12.08

親蓮坊通信2012.02.07

親蓮坊通信2008.03.04

親蓮坊通信2008.03.19

親蓮坊通信2012.06.14

親蓮坊通信2012.12.16

親蓮坊通信2013.02.18

親蓮坊通信2013.06.13

親蓮坊通信2013.09.23

親蓮坊通信2013.11.17

親蓮坊通信2014.05.15

親蓮坊通信2014.07.06

親蓮坊通信2014.09.25

親蓮坊通信2015.01.08

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください