浄照寺

親蓮坊通信

親蓮坊通信

副住職が以前よりお付き合いさせて頂いている、真宗大谷派 開教使の名倉幹氏が以前より『親蓮坊通信』というものを書かれています。毎月お届け頂いていたのですが、この度、当山のHPにてご紹介させて頂きます。 <プロフィール> 1962年京都生まれ。、大学時代はアメフトの選手として打ち込むが、3回生時に父が癌で死に、それが機縁となって浄土真宗の老師にめぐりあい、爾来仏道の求道、聞法生活が始まる。 続きを読む