浄照寺

ひとりごと

出張

出張
1月の末日から出張で京都に行っていました。 今回は一般声明講習会という、いわばお経のお勤めや作法の講習会から続けて出講(法話をする)で本山・真宗本廟に来ています。 大寒波の新潟とは違い全く雪の無い京都。『寒さもマシかな〜』なんて思ってたら朝の御影堂の寒いこと寒いこと… 寒さで口が回らなくなるという経験を始めてしました。 続きを読む

師走に

師走に
いよいよ今年も残すところあと2日。 本年も大変お世話になりました。 来年もどうぞよろしくお願い致します。 さてさて、今年最後の更新ですが。 『今までの寺とこれからの寺』 なんてテーマで書きます。 まとまるかどうか… 今日、こんな記事を拝読しました。 ポスト檀家制度時代のお寺の会員制度  記事中にある寺檀制度を年金に例えて『世代間扶養』とした所には、なるほど言い得て妙なところがあります。事実としてはそういう一面があります。 続きを読む

本堂改修事業に関して

ご門徒各位 平素は当山の護持・管理につきまして格別のご協力とご理解を頂き有難うございます。 タイトルの通り、淨照寺本堂の改修事業に関してご報告申し上げます。 昨年度より実行委員が御懇志のお願い状を手持ちで訪問・若しくは郵送にてお届けしております。 多くの皆様からご提出を頂いておりますが、まだ回答をお届け頂けていない方や確認が必要な場合もあります。 続きを読む

少しのボタンの掛け違い

最近、このような本を読みました。 『昭和史』平凡社ライブラリ  著 半藤一利 https://www.amazon.co.jp/昭和史-1926-1945-平凡社ライブラリー-半藤-一利/dp/4582766714 日本が支那事変からポツダム宣言受諾に至るまで、何故あのような歴史を辿ったのかをとてもリアルに且つ分かりやすい講義形式で語られています。 続きを読む

答え合わせ

答え合わせ 先日、とある御法事でのご門徒さんとの会話にて。 ご門徒さんから色々聞かれて、『法事って答え合わせですよね』と応えました。 お斎での会話だったので、私も何気なく言ったのですが、改めて考えてみると、そうだよなぁと思ったのです。 どういうことかというと。 一緒に住んでる家族は、故人の生活を毎日見ています。なので、「◯月頃から晩酌の量が減った」とか、「最近やたらトイレに行くようになった」など、生活の上での些細な事を見ています。 続きを読む

樹々たち

樹々たち
お寺というと、やはり山とか木かあるイメージでしょうか。 写真は当山の境内にある大きな欅です。 こういう大きな欅・杉などが何本かあります。 戦後の植林奨励(木を植えて補助金、戦災からの復興の為の材にする)の中で 『木を植えて育てると金になる』ということで、寺を始め、彼方此方でこぞって木を植えました。 続きを読む

助かるとは

助かるとは
先日の台風では北海道に甚大な被害が出ました。 「北海道に台風は無い」という俗説とは裏腹に、まさに人知を超えた被害でありました。 改めて被害に遭われた方にお見舞い申し上げます。 近年、台風や地震、大雨など様々な災害が報じられます。 特に水害というのは家や田畑を押し流してしまう、恐ろしいものです。 続きを読む

「死ぬ」ってどういうこと?

「死ぬ」ってどういうこと?
最近、こんなブログを拝読しました。 『Amazonの僧侶派遣に対抗したければ、死を細分化すればいい』 この方はご自身でも書いておられるように、「おもいついた」のでしょう。 私はこういう考え方をされる方や、今噂のMれびさんに対して 「傲慢だ!」「命を何だと思っとる!」 みたいな喝!を入れるつもりはありません。 続きを読む

お坊さん便について

お坊さん便について
          昨年12月にAmazonでサービスの始まった『お坊さん便』。 もう、この話題については色々な方が言及しておられるので、私なぞが出る幕でもないのですが、少し雑記的に書いてみます。 ※参照までに→「お坊さん便とは?」 以前から僧侶派遣をされている「みんれび」という会社が始めたサービスです。 続きを読む